・無臭柿渋は、天然物から製造しております。・柿渋は、防水・防腐剤として古くは平安末期から塗料として使用されていたといわれています。*防水、防腐効果は現在の合成製品には劣ります。・一般庶民の塗料として、桶や樽、団扇、家の柱などを長持ちさせるため、また漆の代用(下地など)としても使用されていました。・産業としては、酒作りの用具(酒袋など)・魚網・伊勢型紙・金箔の打紙・番傘・一閑張など強度を増す目的にも使用されてきました。・民間薬としても、中風の予防、血圧を下げる、やけどに効くなど言い伝えられています。*ただし、ターナー無臭柿渋は飲用、医薬用ではありませんので、その目的では使用しないでください。・現在の用途としては、清酒の清澄剤、化粧品、消臭剤(精製品)などが主です。・また、最近になり天然のすばらしさが見直され、柿渋染めの染料や建築材の塗料として再び脚光を浴びてきています。
無臭柿渋を木に塗装する1:サンドペーパーをかける・塗る前に必ずサンドペーパーをしっかりかけて素地の調整をする。ペーパーは180番くらいの粗いものを使用するとよい。木に汚れがついている場合、ペーパーでよく落としておかないと、柿渋を塗った後にはっきり目立ってしまう。2:木目にそって塗る木目にそって、一定方向に刷毛を動かして塗っていく。柿渋は、水のようにさらりとしているので塗りやすい。刷毛は、普通のペンキ用のものでよい。使った刷毛は、よく水洗いする。濃くなりすぎると薄くすることができないので最初は2倍ぐらいに水で希釈して使用するとよい。3:ウェス(布)でふき取る塗り終わると表面に細かい気泡や、ムラがあったりするのでウェス(布)で均一になるようにふき取る。その後は自然乾燥。(約24時間)【塗布面積】1リットル10平米(原液で一回塗り当たり)※樹種、吸い込み具合、希望仕上りにより異なります。【注意事項】※柿渋は塗って2〜3日後に色が濃くなります。材の種類によっても色の出方が違うのであらかじめ端材などでテストしてください。※日光の当たった場所が濃く染まり、当たらない場所はあたった場所より薄くなります。光の当たり具合でムラになることがありますので、乾燥には注意してください。※日光に当てた時間が同じ場合、冬は夏よりも色が薄くなります。※使った刷毛はよく水洗いしてください。※鉄分が塗装面にあると、柿渋と反応して黒〜紫に変色します。施工等で鉄粉が飛んでいたり、鉄釘の頭があったりすると、変色しますので注意してください。
布を無臭柿渋で染める【使用方法】・布を中性洗剤などでよく洗う・ボールなどに柿渋を入れて、布をゆっくりと浸して、軽くしぼります。水で薄めた柿渋(倍程度)で数回に分けて染めるとムラなく染まります。 鉄の容器は柿渋と反応するので、使わないでください。・日光の当たる風通しのよい場所で全体をきれいに伸ばして干します。【注意事項】※日光の当たった場所が濃く染まり、当たらない場所が薄くなります。光の当たり具合でムラになることがありますので、乾燥には注意してください。光に当てた時間が同じ場合、冬は夏よりも色が薄くなります。※日光の当たり具合を応用して模様をつける事も可能です。※染色の際はゴム手袋を御使用ください。※綿が最もきれいに染まります。ポリエステル等の化学繊維は、染まりつきが悪くムラになりやすいのでお勧めしません。どうしても染めたい場合は、3-5倍に希釈して何度も染めるようにしてください。

天然の青柿からできた100%天然素材の着色・防水・防腐剤「無臭柿渋」です。

柿渋の欠点として、独特の強い臭いがありましたが、先進技術により臭いの元を除去、柿渋の性能はそのままにまったく臭わない「無臭柿渋」が誕生しました。

濃縮タイプで、通常水で1:1に薄めて使用します。お買い得なお値段の柿渋です。

刷毛塗りには水性塗料用刷毛を一緒にお買い上げいただく事をお勧めします。

ピュアPGステイン

ピュアPGステイン

 

無臭柿渋特集


無臭柿渋はNHKのテレビ番組ためしてガッテンで紹介されて今話題の商品になっています!何と無臭柿渋がノロウイルスの予防策になるそうです。詳しくは→こちらから。番組のホームページにて詳しい説明や方法など紹介しています。

また、無臭柿渋はノロウイルスの予防策以外にも着色・防水・防腐剤など多彩な用途があり、柿渋染めの塗料や建築材の塗料としても注目を集めています!



▲ このページのトップへ