リボス自然塗料

アルドボス(室内用浸透性オイル) 落ち着いた透明艶消し F☆☆☆☆

 
室内の広葉樹環孔材(ナラ、タモ、栗、ケヤキ等はっきりした導管を持つ材)、広葉樹散孔材(サクラ、ブナ、カエデ、ウォルナット、チーク等堅木材)に適する透明浸透性オイルで撥水性抜群。シルクの様な光沢で木目を鮮やかに引き立たせます。また、木材に深く浸透し、酸素透過性を維持し木の呼吸を妨げません。
しっとりとした艶消し仕上げになります。
汗・唾液に対して安全性についてもドイツ規格(DINEN71part3)に合格していますので、幼児用製品、テーブルや食品に触れるものにも安心してお使いいただけます。

◆アルドボスの内容成分
アマニオイル・アマニスタンドオイル天然樹脂エステル・オレンジピールオイル・イソアリファーテ・アマニウッドスタンドオイル・天然樹脂エステル・マイクロワックス・珪酸・無鉛乾燥剤
◆アルドボスを用いた代表的工程
用途>>フローリング・室内木部・家具・造作物
  選択する材料 使用する道具 乾燥時間 注意点
素地研磨 最終
#240サンドペーパー
  素材の程度に応じて荒い番丁から始め最終#240
アルドボス(落ち着いた艶消し) オイルブラシ・コテ刷毛 12時間 5〜20分後(夏場は3〜5分、冬場は10〜20分)に表面に残った塗料を拭き取る
ケバ取り研磨(ケバの無い時は省略) #400サンドペーパー   やさしく研磨
アルドボス(落ち着いた艶消し)
クノス(3分艶あり)防水機能向上する
オイルブラシ・コテ刷毛 24時間 5〜20分後(夏場は3〜5分、冬場は10〜20分)に表面に残った塗料を拭き取る

注意:拭き取りに使用したウエス等は自然発火の危険がありますので、水に浸すか、密閉した缶に収納して処理下さい。
◆メンテナンスについて
台所・脱衣所・洗面所・トイレなどの水周りの床・フローリングなどのメンテナンスは、ワックスを使わずに同じアルドボス又はクノスを用い、布に少量塗料を付け薄く伸ばし塗りをします。
○それ以外の木部のメンテナンスはクリーナーを兼ねて「グラノス」で行います。


アルドボスの標準塗装面積(木の種類・状態により変化します)
標準塗布量    0.75Lで塗れる面積 2.5Lで塗れる面積
一回目の塗り込みの必要量 57cc/平米 一回塗りの場合 約13平米 約43平米
二回目の塗り込みの必要量 24cc/平米 二回塗りの場合 約9平米 約30平米